遊戯王リバイブ【第1回:ブラックパラディンはカッコいい】

 

こんにちは、フルクです。

 

遊戯王OCGがスタートしてから20年余年。

あなたはいつからプレイしていますか?

私は兄の影響で、小学生頃から始めていました。(第3期あたりです)

 

長い歴史の中で、多くのカードが登場します。

環境で使われたものや、一定のファンに愛されているカードなど様々です。

 

そこで今回から新企画遊戯王リバイブと題して、過去のカードをピックアップしてご紹介したいと思います。

 

第1回目となる今回取り上げるカードは<b>「超魔導剣士-ブラック・パラディン」です!

 

※ネタバレを含みますので、アニメを見ていない方は自己責任でお願いします。

 

超魔導剣士-ブラック・パラディン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラック・マジシャン」「バスター・ブレイダー」を素材とする融合モンスター

 

アニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」のバトルシティ編にて登場。

準決勝で遊戯が海馬と戦った際に初めて使用されました。

 

「青眼の究極竜」を召喚され絶体絶命に追い込まれていた遊戯が出した切り札。

その後「拡散する波動」の全体攻撃によって海馬のライフを0にする活躍を見せてくれます。

 

「ブラック・マジシャン」は主人公が使ったカードであり、関連カードも含め多くの人に愛されているテーマです。

その初の融合体が登場したこともあり、2人の大興奮の熱戦には釘付けになりました!

 

その効果は互いのフィールド・墓地のドラゴン族の数だけ攻撃力が上昇するので、ドラゴン相手だと恐るべき攻撃力になります。

OCGではファンデッキに採用されることが多く、「DNA改造手術」などで種族を変えることで強化するという使い方もあります。

 

またアニメでは登場してすぐに決着がついてしまいましたが、魔法を無効にする効果も備わっています。

このカードが出た当時は「強欲な壺」「いたずら好きな双子悪魔」といった、今では禁止カードとなった強力な魔法カードがまだ現役の時代です。

「マジック・キャンセラー」とは異なり任意で魔法を止められるため、早い段階でこのカードを出せればデュエルを有利に進められます。(実際に採用するかは別ですが…)

 

しかしこの魔法無効には、手札コストが必要になります。

融合召喚3枚以上の手札を消費するため、さらに手札コストを用意するとなるとかなり扱いづらいカードではあります。

強い効果ではあるものの全体除去の罠カードも多かったため、環境デッキへの採用が難しかったのかもしれません…(後にコスト無しで無効にできるホルスの黒炎竜LV8が登場し、こちらは環境にも採用されます)

 

このカードの素材となる「ブラック・マジシャン」は、サポートカードの力を受けて簡単に特殊召喚できるようになりました。

その中でも「ティマイオスの眼」を使えば計2枚消費で場に出せるため、ブラック・パラディンも以前よりは使われるようになったかと思います。

 

カードイラストも人気が高く、3つの異なる絵柄が存在します。

中でも初収録された「黒魔導の覇者」にはレリーフもあり、そちらは結構なお値段が

 

攻撃名は「超・魔・導 烈・波・斬」

一度は言ってみたいですね笑

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか

 

「ブラック・マジシャン」は非常に人気の高いテーマなので、ファンデッキを組むならぜひ入れたい1枚です。

相手次第では高い攻撃力も期待できるので、アニメのようにフィニッシャーとして活躍してくれることでしょう!

今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

あなたの思い入れのあるカードなんですか???

 

今後も様々なカードを紹介しますので、リクエストやその他のご意見などTwitterでぜひコメントをしてください!

 

それでは次回もお楽しみに👋

 

 

タイトルとURLをコピーしました